歯科|神田歯科医院|徳島のやさしい歯医者さん

  • 〒774-0030 徳島県阿南市富岡町北通17-13 [MAP] ★駐車場完備
  • 徳島のやさしい歯医者さん神田歯科医院のお問い合わせ
診療時間
09:30~13:00
14:30~18:30

※祝日のある木曜は診療

スタッフブログBLOG

歯を抜けたままにすることのデメリット

2022年06月29日

6月中に異例の梅雨明けとなりました。

全国で夏日、真夏日、猛暑日を記録するなど暑い日が続いております。

暑さに体が慣れてない時期です。しっかりと水分補給をして熱中症に注意しましょう。

 

ご自身や、周りの方に歯が抜けたまま放置している方はいませんか?

歯が抜けても、「痛みがない」「不都合に感じない」「費用がかかる」などの理由で

そのまま放置してしまう方は少なくありません。

しかし抜けたままにすると様々な問題が生じてきます。

今回は歯を抜けたままにすることのデメリットについてお話させていただきます。

デメリット

・噛み合わせの変化

歯列にかかる力のバランスが崩れ、隣の歯が移動し抜けた歯の方向に傾いたり

ねじれたりして噛み合わせに変化が起こります。

・顎へのダメージ

歯が移動して噛み合わせが狂うと、歯の周りの組織にダメージを与えて歯周病になることもあります。

また顎の正常な動きに支障をきたし、顎関節の病気を引き起こすこともあります。

・咀嚼の問題

歯が抜けたままだと、咀嚼の効率が悪くなるため、消化吸収にも影響を与えます。

・発音への影響

特に上の前歯がないと空気が抜けて、サ行・タ行・ハ行・マ行の発音がしにくくなります。

このように様々な影響があります。

いざ治療をしようと思った時にもいろいろな不都合が生じます。

・抜けている歯の噛み合わせの歯が伸びてくる

伸びてくることにより、隣り合わせの歯との隙間が大きくなる為、食べかすが挟まりやすい、

またお手入れも難しくなるので虫歯リスクが上がります。

いざ抜けた部分の歯の治療をしようと思った時も、伸びた部分の歯は削らないといけなくなり

削る範囲によっては神経の治療をしないといけない場合もあります。

・ブリッジを入れる場合

隣の歯が傾いている場合はその歯の神経の治療が必要となり

治療の範囲も広がり期間と費用が追加でかかるようになります。

・部分入れ歯を入れる場合

傾いている歯にバネをかけるようになる為、健康な歯以上に大きな負担がかかり

歯の寿命を縮めてしまうこともあります。

 

歯を抜けたままにしていませんか?

抜けている部分がある方は一度ご相談下さい。

(日本訪問歯科協会 今日から始める口腔ケア 参照)

pagetop